ようこそ那覇東ロータリークラブのホームページへ-


那覇東ロータリークラブは、昭和41年に創立され、今年は55年目に入ります。

現在(2020年12月10日)37名の会員で活動しています。

 


 

 

 

首里城正殿と

竜頭を組み合わせたデザインです。

那覇の伝統と歴史を表現しています。

バナーをクリックしますとクラブ概況がご覧いただけます。 

 

 

 

国際ロータリー2019-20テーマ

ホルガー・クナーク

国際ロータリー 2020-21年度会長

画像をクリックしますと、クナーク会長の挨拶をご覧頂けます。

 

野生司義光

国際ロータリー第2580地区 2020-21年度ガバナー(東京小石川RC所属)

画像をクリックしますと、私ども那覇東RCが所属します「国際ロータリー第2580地区」のホームページへリンクします。



那覇東ロータリークラブ

2020-21年度会長 有松秀行 年度方針

2020‐21年度の会長を拝命しました有松秀行でございます。歴史ある那覇東RCの会長を仰せつかり大変身が引き締まる思いでございます。

さて、今年度のRI会長ホルガー・クナーク氏のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」でございます。また2580地区ガバナーである野生司義光氏の地区テーマも同じ「ロータリーは機会の扉を開く」を掲げております。”ロータリーとは、クラブに入会するだけではなく「無限の機会への招待」である。奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにするための道を開くのがロータリーである”という意味でございます。

上記テーマに鑑み当クラブの今年度目標を、①会員増強(目標5名)、②クラブ行事への積極的な参画、にしたいと考えます。コロナ禍が続く現状ではありますが、一人の退会者もなく純増5名を達成すること。さらには来年5月開催予定の55周年事業、及び6月の台湾世界大会への参加等大きな行事がひかえております。

クラブ会員が一丸となり乗り切りたいと思います。

会員の皆様のお力添えを頂き邁進してまいりますので、一年間どうぞ宜しくお願い致します。


那覇東ロータリークラブ

2020-21年度幹事 大城強 年度方針

2020~2021 年度の那覇東ロータリークラブ幹事を仰せつかりました大城強でございます。2018年7月に入会し、まだまだロータリー歴も浅く若輩者ではございますが、1年間有松秀行会長と共に今年度の地区テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」を推進し、那覇東ロータリークラブと共に私自身も成長できる1年にしたいと思います。

また、今年度はクラブ創立55周年事業・世界大会(台湾)への動員と大きな行事をひかえております。会員皆様のご支援ご協力を仰ぎながら邁進してまいりますので、一年間どうぞよろしくお願いいたします。


那覇東ロータリークラブのフェイスブックもご覧ください。

下記のボタンからリンクできます。



ロータリークラブの様々な組織・団体及び沖縄分区各クラブのホームページ



那覇東ロータリークラブ所属会員及び会員企業のホームページ(順不同)

あなたのお知り合いや取引先の方も那覇東RCの会員かも知れません。是非、連絡をとってみて下さい。

屋宜歯科医院

沖縄県歯科医師会のHPへリンクします